曼荼羅アートでストレスのない世の中に


曼荼羅アートを体験していただき、

曼荼羅アートを好きになってくれた人が、

曼荼羅アートの魅力を伝えることができれば、

幸せな世の中になるのではないかと信じております。

病気の原因のほとんどがストレスが影響


片頭痛、緊張型頭痛は、ストレスの影響があるといわれています。特に、首から肩にかけての筋肉の緊張が原因の緊張型頭痛では、筋肉を緩めたり気分転換をしたりしてリラックスすることが必要です。

 

ぜんそく、アトピー性皮膚炎といったアレルギーも、ストレスによって起こりやすくなったり、悪化したりすることがあります。

 

高血圧、心臓病、胃痛、下痢・便秘、腰痛、更年期障害など、

さまざまな病気がストレスの影響を受けています。

 

うつ病や不安症などの心の病気にも、さまざまなストレスが関係しています。

 

それでも、学校、家庭環境、仕事などで受けるストレスから逃れることは難しいと思いますが、

できるだけリラックスする環境を心掛ける生活を送ることが重要になってきます。

 

究極のリラックスを得られる曼荼羅アート


リラックスとは、誰にも邪魔されずに好きなことに没頭している時に得られます。

 

リラックスするためには工作や手芸などをすることが効果的ですが、

最初に難しかったりすると出来ない自分にイライラして逆にストレスになったりしますよね。

 

簡単に始められて、簡単に制作できる趣味があるとストレス解消に役立ちます。

 

そこでおすすめなのが、曼荼羅アートなのです。

曼荼羅アートとは


曼荼羅(マンダラ)って聞くと

宗教?

仏教?

という方が多くいらっしゃいます。

曼荼羅はサンスクリット語のMandalaからきており、

円(丸)または、本質を得るという意味です。

 

昔から僧侶が修行で曼荼羅の図を描いていることなどから、

宗教のイメージが強くありますが、

曼荼羅(マンダラ)は幾何学的な綺麗な模様と思っていただけたらと思います。

自分で自分を癒す曼荼羅アート


曼荼羅アートとは

曼荼羅アートとは、

曼荼羅をペンで描く、曼荼羅をペンで塗る、曼荼羅柄を糸で表すなど、曼荼羅模様を様々な材料や技法を使って作るアート作品のことです。

曼荼羅アートの作品は規則性のある柄が幾何学模様を作り出し、とても柄が綺麗に見えることが特徴です。

 

作品を眺めているだけでも心の癒しの効果がありますが、曼荼羅の作品を作ることの方がより心の癒しに効果があります。

 

精神科医で心理学者のカール・ユング

ユングは実際に患者の治療に曼荼羅を描かせていました。実際にユング自身も曼荼羅を描き、その効果を実感したと語られています。

曼荼羅は真ん中を中心としたすべての模様が対称。描き進めるごとに精神的な安定感がもたらされ、心が癒されていきます。


曼荼羅アートの制作をもっと気軽に


あなたはアート、芸術のアーティストと聞くと、

どんな印象を持ちになりますか?

 

 

絵が上手

センスがいる

才能がある

天才的

 

 

など、

いろんな印象があるとは思いますが、

アート作品や芸術作品の制作は、

芸術大学などに行った経験がある方以外は、

無縁に今まで過ごしてきたかと思います。

 

 

「自分も絵が上手だったらなあ〜」

 

「不器用だからなあ〜」

 

 

そのような感じから、

アート制作は自分とは無縁の世界としてあまり触れてきてなかった人も多いかと思います。

 

 

そんな、アート制作が苦手と思っている方でも、

簡単に出来て、楽しく、みなさまに自信を持っていただけるように

曼荼羅アートというものでサービスをご提供しております。

 

 

曼荼羅アートは知れば知るほど奥が深く、

世の人に与える影響は素晴らしい魅力が多くあります。

 

 

 

マンダラアートはこんな方におすすめ

 

自分に自信がない

曼荼羅アートの制作は誰でも簡単にできるので制作を繰り返すことで自信が持てます。

趣味を持つことは生きがいにつながり人と一緒に楽しんだり教えたりすることで自信が付きます。

 

 

 

心がモヤモヤ落ち着かない

曼荼羅アートの制作は瞑想効果から自分の本心に気づき心に落ち着きをもたらします。

曼荼羅アートは精神が不安定な方にも効果的な作用があります。

 

 

 

将来に不安がある

曼荼羅アート作品の幾何学模様は、

神秘的で昔から幾何学模様にはパワーがあるとされており、

作品の価値はとても高く評価されます。

曼荼羅アートの教室やワークショップで人に教えたり、

曼荼羅アートの作品を販売することが出来ます。

 

曼荼羅アートの種類


曼荼羅塗り絵アート

曼荼羅塗り絵アート

曼荼羅アートで一番簡単な物は、

曼荼羅塗り絵アートではないでしょうか。

 

曼荼羅塗り絵アートは自分で曼荼羅模様を描かなくても、曼荼羅模様が描いてあるところを色鉛筆やマーカーで色を付けるだけなので作業はとても簡単です。

 

材料は曼荼羅模様の台紙と、道具は色鉛筆やマーカーなどあれば初心者の方でも直ぐに始めることができます。

 

 

点描曼荼羅アート

点描曼荼羅アート

点描曼荼羅アートとは、

黒い台紙に曼荼羅模様を描いて、曼荼羅模様の中をゲルボールペンなどを使い、点で色をつけていく曼荼羅アートです。

 

黒い台紙に曼荼羅模様を描くにはコンパスや定規で下絵を描きますので、

初心者にはなかなか難しいいと思われますが、

台紙に曼荼羅模様の下絵が描いてある物を使うと簡単に始めることができます。

 

ゲルボールペンでテンテン♪テンテン♪点をつけていくだけですので、

作業はとても簡単です。

糸かけ曼荼羅アート

糸かけ曼荼羅アート

糸かけ曼荼羅アートとは、

台にピンを打って、ピンに糸をかけていく糸かけアートです。

 

均等に打たれたピン、規則性のある糸のかけ方で、綺麗な曼荼羅模様が出来上がります。

 

均等にピンを打つためには、均等に描かれた台紙が必要となります。

 

綺麗な作品を制作するためには、ピン(釘)を真っ直ぐ綺麗に打つことが必要となりますが、ピンが打ってある台を使用すれば、子供さんでも簡単に糸かけ曼荼羅アートを始めることができます。

みなさまに曼荼羅アート制作を気軽に体験していただき、

一緒に曼荼羅アートの楽しさや魅力を広めていただけたらと思います。

 

曼荼羅アートにご興味がありましたら、

お気軽にご連絡をいただけたらと思います。